千葉・外房 シーバスとハンドメイドルアー(自作ルアー) -ドンファン-

ライフワークのハンドメイドルアーの作成。自作したタックルを使う事で釣りの価値を一つ高める。そんなハンドメイドルアーの作り方とシーバスやソルトルアー全般のルアーフィッシングの面白さを紹介できればと思う。主にサーフや河川での陸っぱりとウェーディングが釣りのスタイルだが、まれに船にも行く。 また、ロードバイクでホームの千葉県を主に走っていて今後はブルベの参加を考えています。 あと、美味しいお酒と料理も好き。

23日の祝日はまた雨が降るとかの予報。
最近の雨は低温によって冷やされた陸地が影響して水温が一気に下がってくる。
それまでに行けるだけ行きたいと思って出撃した。

例によって外房河川でウェーディングのスタイルとなる。 
20時から入水だが大潮なのでかなり水位が下がってる。

09


U字を描くように上流にキャストして浅瀬に流していく作戦で明確なバイト!
一瞬ドラグが出たがあえなくフックアウト。

しばしして遊んでくれたのはこの子。
いつもサンクス。
ノーカウントだけどボウズのがれ。
もうね水槽で飼いたくなるサイズ。
IMG_7991



その後、サイズアップを期待して移動するも反応が出てこない。
バチもこの時間帯には出ていない。


やはり地形変化で魚が溜まりそうな場所を攻めることにする。
思った通り出てきたのはフッコたん
IMG_7994


とりあえず一本良型が出たので本日終了。

しかし、フックのかかり場所が悪いと凹みます。
シングルフックにしてみようかと思うこの頃です。

今日のタックル
  • ロッド:UFMウエダPLUGGING SPECIAL BORON CPS-962EX-Ti
  • リール:SHIMANOシマノ 15ツインパワーSW 4000XG
  • ライン:PE 20LB
  • リーダー:フロロ20LB
  • ルアー:ハンドメイド


 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
↑ワンクリックしてくれたら
釣れなくてももう一時間頑張れそうです!
ええ、バイトがなくてもです・・・

外房,南房,九十九里,釣り,サーフ,フィッシング,ルアー,シーバス,大漁,爆釣,ハンドメイドルアー,自作,釣り方,作り方,楽しい,リール,魚釣り,ジギング,ヒラメ,サーフ

さて、まずは朝一のマズメをねらう。
河口かなと思い迷わず現地へ入るが、予想通り大潮の満潮なので波が乗り上げてくる。

付いてすぐに地元アングラーがヒット。
サイズは60アップ位か?

俄然スイッチが入ったのだけど、3時間やるも結果ノーバイト。
知り合いのお友達は隣で60クラスのでっぷりしたヒラメちゃんをゲットしてホクホク。

これ以上はだめっぽいので夜の部へ切り替える。

〜ここからは夜の部〜

夕方は河川上流へ入る。
前にエラ洗いでリーダーを切られた事があったのでここ最近は28LBとリーダーを太くしていたのだが今回はあえて20LBまで下げてみる。
昨夜は夜光虫が出ていたと情報もあって、少しでもネガティブなことを減らしたいと思ったのだ。

16:30〜から入るのだが、すぐに反応が。
こんな子たちがイレパクで遊んでくれる。
IMG_7956

正直楽しい。


で、水面をよく見てみるとバチがぬけていた。
表層より少し下かな?
でも、そろそろこれで爆る気がすると同時にサイズが上がらなくなりそう。
IMG_7972


その後、流れに乗せながら浅くなっている背にルアーを流していくと「ごん!」とヒット。
そこそこの良型が出てきてホッとした。
IMG_7982



その後は予定があって早めに上がらねばならないので、後ろ髪を開かれながらもやむを得ず撤収。


今日のタックル: 
  • ロッド:UFMウエダPLUGGING SPECIAL BORON CPS-962EX-Ti
  • リール:SHIMANOシマノ 15ツインパワーSW 4000XG
  • ライン:PE 20LB
  • リーダー:フロロ20LB
  • ルアー:ハンドメイド


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
↑ワンクリックしてくれたら
釣れなくてももう一時間頑張れそうです!
ええ、バイトがなくてもです・・・

外房,南房,九十九里,釣り,サーフ,フィッシング,ルアー,シーバス,大漁,爆釣,ハンドメイドルアー,自作,釣り方,作り方,楽しい,リール,魚釣り,ジギング,ヒラメ,サーフ

じつはこのリールをだいぶ前に買っていたがなかなか使うことに恵まれず自宅保管してました。
そろそろ磯でのルアーフィッシングを考えているのでこれをカスタマイズしたいと思ってます。

一番気に入らないのはハンドルで純正はT字のハンドルです。
ま、これ早い釣りを展開するときにはあまり効率的な形状ではないと感じている。

なので、一般的なラウンド形状のパワーハンドルへ交換するのが今回の記事。

純正でも夢屋でもパワーハンドルがリリースされているがEVA素材なのに8000円位するので、どうにも商品と価格があっていない気がするので躊躇していた。

そんな中アマゾンで見っけたのはこれ。




もうね、安くて素敵。

では、交換方法を!
交換前はこんな感じです。
IMG_7936


部品はアルミラウンドハンドル以外にベアリングやシムなどたくさん入ってます。
こんなに入っててこの値段だからコスパ最高。
IMG_7938


で組み終わるとこうなるけど、ベアリングはシマノのはAR-Bだから、もともとのを再利用した。
なので、使った部品はラウンドノブだけという始末。笑
シムでスラスト方向のガタツキも調整できるので、いい感じになるとカシっとする!
そのシムさえももともと付いていたのを使ったわけだが。笑
IMG_7939


見た目もいかにもな感じでかっこいいが、やっぱり早い釣りをするにはピッタリなラウンドノブ!

あ、このアルミラウンドノブは2つの部品から出来てるのですが、アルミは塩水に弱いので、繋ぎ目にはグリスを塗っておく事をオススメする。
錆びて一体化してしまうとノブを取り外すことができなくなりますので、転ばぬ先の杖ですね。
 

結構ばれることが多いので・・・。
バーブレスで返しがないことが原因とは思っておらず、フックの形状に問題があるのだと考えてます。

いつも使っているのは、がまかつ RB-MH #5バーブレスだけど、フックの形状としてはストレートなんだよね。 
カルティバのST-46も同様。

がまかつ(Gamakatsu) BOX トレブル トリプルフック RB-MHバーブレス トクチュウ 5 釣り針
ルアーフックのパッケージはやりすぎだよね。消耗品だからこんな感じにザクっといっぱい入れてくれてシンプルなパッケージで必要十分。
がまかつ(Gamakatsu) BOX トレブル トリプルフック RB-MHバーブレス トクチュウ 5 釣り針 [スポーツ用品]
がまかつ(Gamakatsu)


オーナー(OWNER) スティンガートリプルフック STBL-46TN #5
ST-46はシーバスルアーの標準フックだね。ほんとバーブレスを標準にしてくれたらいいのに。
オーナー(OWNER) スティンガートリプルフック STBL-46TN #5 [スポーツ用品]
OWNER(オーナー)
2012-03-20



ばれやすいのはトリプルのうち1か所の針にだけかかった場合で、理屈的に掛かり浅くなると思う。
ということで、ちょっとネムリの入っているフックを検証したい。

がまかつ トレブル19 #5
IMG_7934


少しネムリが入ってる。
これが吉と出るか!?
個人的にはカルティバのST-31並みのネムリ量?にしてほしかったけどね。

IMG_7935

で、試したいんだけどあいにくの雨。
むむー。

しかし、ネット上でこのトレブル19が思いのほか流通していない。なんでだろうか?

帰宅してからなんか悶々としてしまう。
Youtubeでシーバスの映像を見ていたのが原因だと思う。
外は雨が降ってきてかなりの降水量で、大雨注意報も局所的に出てる。

でも、こんな日は何か確変するのでは?と思ってしまう自分を止められずに行ってきました。

結果、2バイトあったものの乗せられずノーゲット。
やはり雨の影響で河川は水量が増している上に、陸から流れてくる水で水温も急激に下がった感じで、口を使う魚の数が少ない感じを受けた。

そんなタフな中で使ったルアーはこれ。
ハンドメイドで作っていて相当な数を量産してますが、まぁ裏切らない。
フローティングやサスペンド、シンキングと色々なタイプが有り泳ぎも違う。
もちろんカラーも様々。
最近のお気に入りは「黒」です。
IMG_7898

完全にスタメンです。
フックは#5。
これでバレたらそれはそれでいい。
でも、フックはネムリが少しあったほうがバレにくいかもと思うこの頃です。

タックル:
  • ロッド:UFMウエダPLUGGING SPECIAL BORON CPS-962EX-Ti
  • リール:SHIMANOシマノ 15ツインパワーSW 4000XG
  • ライン:PE 20LB
  • リーダー:フロロ28LB
  • ルアー:ハンドメイド

 







にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
↑ワンクリックしてくれたら
釣れなくてももう一時間頑張れそうです!
ええ、バイトがなくてもです・・・

外房,南房,九十九里,釣り,フィッシング,ルアー,シーバス,大漁,爆釣,ハンドメイドルアー,自作,釣り方,作り方,楽しい,リール,魚釣り,ジギング,ヒラメ,サーフ

少しポイントへ着くのが遅れてしまった。
本当は17時過ぎから入れればと思っていたが、バタバタしてて結局は18時前という感じ。

すこし潮位が足りないがまだ流芯は残ってるし手前のシャローも膝上以上に水深は残ってる。
シャローゲームは十分に成立するだろう。
付け加えて言うとシャローだけど入れないほどの本流もあれば、起伏から来る地形変化もあって実にゲーム性の高いポイントだと思う。

ルアーセレクトはいつもの感じで95mmくらいの大きさから始める。
ハンドメイドルアーは同じように見えても一つ一つ動きが違ったりするから、それを使いこなすのも楽しいのだ。
車で言えばマニュアル車だね。

さっそく開始直後にバイトが有ったので、少しホッとした。
しばしして上がってきたのはこの子。
IMG_7886


セイゴたん
最近増えてきたなぁ。この子。
今日もボウズ逃れか?と思っていたところ、「ごん!」と明確なバイトが。
結構トルクフルなのでサイズに期待しちゃう。

無事にバレずに上がってきたのはこの子。
IMG_7892

フッコたん
パワフルでとても楽しい。
サイズ至上主義ではなく一尾との出会いに価値を感じているから、ほんと嬉しい!

少しシャローをウロウロして別の場所で出てきたのはこの子。
IMG_7894

フッコたん

その後もセイゴたんの猛攻に合いながら寒さに負けて本日は終了。

いやー、終わってみれば楽しい釣りだった。
流石にナイロンウェーダーだと寒くなってきたな。


今日のタックル
  • ロッド:UFMウエダ PLUGGING SPECIAL BORON CPS-962EX-Ti
  • リール:SHIMANOシマノ 15ツインパワーSW 4000XG
  • ライン:PE 20LB
  • リーダー:フロロ28LB
  • ルアー:ハンドメイド



にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
↑ワンクリックしてくれたら
釣れなくてももう一時間頑張れそうです!
ええ、バイトがなくてもです・・・

外房,南房,九十九里,釣り,フィッシング,ルアー,シーバス,大漁,爆釣,ハンドメイドルアー,自作,釣り方,作り方,楽しい,リール,魚釣り,ジギング,ヒラメ,サーフ

↑このページのトップヘ