千葉・外房 シーバスとハンドメイドルアー(自作ルアー) -ドンファン-

ライフワークのハンドメイドルアーの作成。自作することで釣りの価値を一つ高める。そんなルアーの作り方やシーバスフィッシングやルアーフィッシングの面白さを紹介できればと思う。 また、ロードバイクでのロングライドでホームの千葉県を走ったり、おいしいお酒が大好きです。

ハンドメイドルアーを作って主に千葉県の外房でシーバスフィッシングをしています。ルアー全般をするのでショアからのヒラマサなどの青物にも魅了されています。今年は外房に越してきて初めての年なのでヒラメも狙いたい。

外側への排気口来た。
ガラリと言うらしいです。
ネットも付いてるので虫も入ってこないと思ってます。

これくらいは厚みがあるので見込んでおく必要があります。
ただ外側はあまり出っ張らない為にシャッターも下ろせる事を期待してます。

室内でエアブラシを使うのに必要なアイテムとして塗装ブースがある。
ファンが無いものもあるし、いろいろなファンの種類もある。
前に使ってたのは専用の塗装ブースで市販されているもの。
それにはシロッコファンが付いていたけど、小さいことが問題であまり吸い込まなかった。

今回は既製品を買わずに自作することを選択した。
背面のスペースや排気などの問題を考えてシロッコファン一択になった。

たまたまヤフオクで安く新品が出ていたので買ったのはこれ。
三菱製 VD-18ZC10
IMG_7415


風力は320m3/h と十分な能力に加え、騒音が30.5dbとかなり低い。
スペックは以下の通り。

38

家庭で使われる換気扇だから静かであることは必須なんだと思う。
でも、これが50Hzと60Hzのどっちに対応してるのかが実はよくわからない。笑

あと、なぜこれを選んだかというと排気ポートの直径が150mmという太さね。
一般的には100mmが多いけど、太いほうが損失が少なくより吸うだろうという考え。

IMG_7421

予め思っていたけども、実物を目の前にすると結構大きいですよ。

動作中のファン音量は以下で確認できます。
簡単で申し訳ありませんが動作中の動画を作ってみました。
飼ってるインコの鳴き声が入ってしまいましたが。笑



IMG_7419

電源はここを開けて普通に2本を差込むだけ。
スイッチはスイッチ付きコンセントを使うのでここでは付けないつもりです。


IMG_7420

普通にコンセントとケーブルを買ってくれば大丈夫。
両方でも300円くらいではないかな?
先にも書いたけどスイッチはコンセントについてるのを利用するからここには作らないです。


IMG_7416

これは3mの150mmアルミダクト。
これをファンにつけて窓に排気口を用意してつなぐ予定。
あとフード類をどう作るかも検討中。


ダクトはこれおすすめ!安いよ。




シロッコファンのダクト用換気扇はこれ。ほかでも売ってるから色々探せばもっと安く買える可能性があるよ。






にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
↑ワンクリックしてくれたら
もう一個ルアーを作れそうです!
あ、めんどくさがらずにコーティングももう一回出来そうです!

釣り,フィッシング,ルアー,シーバス,ハンドメイドルアー,初心者,自作,作り方,楽しい,エアブラシ,コンプレッサー,使い方,エアテックス,タミヤ,クレオス



雨が降ってたがそれを期待して行って見たものの、目の前でボフっと反転したのみでその後は無反応。
潮は濁ってってゴミも大きく釣りにくい状況でもある。

で、結構冷えて来たので撤収。

新作のバイブを出撃させたものの結果は変わらず。

こんな日もあるけど辞められない。

友人の釣友がメタルバイブ大好きなんだけどシャローでつかってるのでロスト多し!
あまり興味ないんだけど、試しに作ってみようかと思うこの頃。

カッコよくステンレスで切り出そうと思ったけど、実は塗装が乗らないって話になってきて、鉄板を買う予定。
そういえば Back to the futureのデロリアンはステンレスで出来てて色が乗らないからあの銀色だった気がした。

ルアーとしては簡単には大きな重りをつけておけばいいんだけど、作るならもう少しちゃんと作りたい。

モンモンと工作意欲が出てきたわけなので、作成開始します。
サイズは90mmくらいかな。小さいのはニーズが出てきたら考えたいところ。




にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
↑ワンクリックしてくれたら
もう一個ルアーを作れそうです!
あ、めんどくさがらずにコーティングももう一回出来そうです!

メタルバイブ,釣り,フィッシング,ルアー,シーバス,ハンドメイドルアー,初心者,自作,作り方,楽しい,エアブラシ,コンプレッサー,使い方,エアテックス,タミヤ,クレオス

新作のバイブレーションをテスト。
先日にバイブレーションに反応が良かったのもあって、これをテストしたかった。
新作と言いながらもたぶん作ったのは2010年位です。
昨年までは湾奥ばかりだったのでシャローが好きという事もあってかバイブレーションを使うシーンが少なくお蔵入り。
もちろんこれで一匹も釣ったことがない。笑

コンセプトはあまりブリブリしなくてジャークでシュッと泳いじゃうバイブレーションとしていた。
実際はなかなか安定した動きにならなくて調整が多かったのを記憶している。

で、17時前に現場に入る。
海からのうねりはここだけ浅くなるので強い。しかも潮位が高いこともあってとんでもなく波が乗り上げてくる。正直明るいからまだいいけど、暗くなったら怖いかも。

実はキャスト2投目で出てきたのはこの子。
着水してちょっとジャークしてフォールする瞬間に「ごんっ!」とヒット。
手前まで寄せたもののうねりが大きすぎてバレそう。
波に乗せて抜き上げも考えたけど、やっぱりネットでランディング。


IMG_7307_HDR

サイズは50cmですが、ハンドメイドルアーそして初めて入魂できた喜びはたまらん。
そうそう、個人的にこんな色大好き。
暗くなるまでに1バイトあったのみでそれ以後は続かなかった。
気持ちよく帰宅したのは言うまでもない。
 

ロッド:UFM PLUGGING SPECIAL BORON CPS-962EX-Ti
リール:SHIMANO 15ツインパワーSW 4000XG
ライン:PE 20LB
リーダー:フロロ28LB
ルアー:ハンドメイド

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
↑ワンクリックしてくれたら
釣れなくてももう一時間頑張れそうです!
ええ、バイトがなくてもです・・・

外房,南房,九十九里,釣り,フィッシング,ルアー,シーバス,大漁,爆釣,ハンドメイドルアー,自作,釣り方,作り方,楽しい,リール,魚釣り,ジギング,ヒラメ,サーフ

久しぶりのトーナメントに参加。え?釣り大会? 表現の自由ですがな。
今まではTSSTという湾岸の大会に出ていましたけど、今回は初めて利根川と言うか外房と言うかそんな感じの大会に参加しました。
朝の7時に戻ってこなければならないようです。

大会名はシーバスダービーです。

IMG_7222

エントリーを済ませてからは、とりあえずいつもの本城ドックへ。
まだ潮位も高く満タンの中ヒットしたのは多分エイ。
自動リリースでルアーロストにならずホッとした。

その後は水門まで移動してみた。
IMG_7226

これが水門の写真であるのか忘れちゃったけど、Youtubeでも見る光景で期待が高まるも無残な結果に終わった。
次に銚子のかなり海側の堤防まで移動したけど、餌師が多くいるものの絶対的平和でありミサイルが飛びそうな雰囲気すらもない。笑
数投してまた本城ドックでやることに決意して移動したものの水位がなくてなんか無理っぽい。


ここで大会のルールである翌朝7時に戻って来るってのを達成するのは諦めて、70kmくらいの移動をして一宮川へ移動することを決意。(すみません、大会を棄権します)

25:30には到着しましたが、流石に眠いので4時まで車で寝ることに。
久しぶりの車中泊は虫刺されとともに目が覚める。

4時に起きて準備をし釣りを始めたのは4:30過ぎ。
河口の前はきっとカケアガリになってる感じで、うねりの波が大きい。
しかも、数が多い。

そんな中、手前のモコモコしたところから出てきたのはこの子。
IMG_7234

IMG_7235


 50cmあるかどうかのフッコちゃん。
湾岸では絶対にみないきれいな個体。
どう見ても美味しそうじゃないかな?
今回はリリースしました。 

その後2バイト3ヒットでしたが、あえなく足元でバレちゃうことばかり。
うねりが大きいの原因かもしれないね、バラシ多数の原因は。

ということで帰宅しました。
久しぶりにヘロヘロになってしまったが楽しかった。



ロッド:ufmウエダ PLUGGING SPECIAL BORON CPS-962EX-Ti

リール:SHIMANO 15ツインパワーSW 4000XG

ライン:PE 20LB

リーダー:フロロ16LB 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
↑ワンクリックしてくれたら
釣れなくてももう一時間頑張れそうです!
ええ、バイトがなくてもです・・・

外房,南房,九十九里,釣り,フィッシング,ルアー,シーバス,大漁,爆釣,ハンドメイドルアー,自作,釣り方,作り方,楽しい,リール,魚釣り,ジギング,ヒラメ,サーフ

UFMウエダのロッドを始めて使った時に受けた衝撃は大きく、感度の良さはもちろんだけどキャスタビリティーの高さから疲れない。かけた後の魚とのやり取りが最低限の動きでランディングに持って行ける。そう、投げてもかけても楽しいロッドだった。
そう、だった。
実は解散していて新品は供給されていない。
ヒラスズキを狙うために11ft を欲しいと思ってたが中々流通してこなかったのだ。
で、偶然にも出てきたので即バイト。


UFM ウエダ PLUGGING SPECIAL BORON CPS-112EX-Ti

最高のロッドだ。

表題の通りなのですが、マーケットプレースシステムを作りたい。
釣りの話題では無くて申し訳ない。

色々調べてるけどフルスクラッチは流石に厳しいので取り敢えずはあり物の組み合わせで作ろうかと。
やっぱり王道はWordPress + Woo Commerce + 3rd party のプラグインかな。

まずはWoo Commerceを使いこなすところから始まるかな。
そしてマルチテナント用のプラグイン。
技術的には超えられないものは無いと言う考えだけども、 調査に時間は掛かるだろう。

でもね、今の仕事も山場だったものがある程度終わるからこっちに手をつけられると思う。

しかし、今日は自分のダメさ加減も出まくって、正直に心が痛んだわ。
こんな日は飲もう!

ノットだよ。
自分は今までFGノットなどはやったことなかった。
長らく使っているのはSCノットと言われるものです。
ガイド抜けはあまり良くないからキャスト時はガイドに入れませんが、このノットのポイントは平均して締め付け力というか完成度と言うか、出来上がったノットの品質(強度)が高いところで一定すること。
いくら強力なノットでも10回中2〜3回しかちゃんとした締め込みが出来なかったら、自分的には合わない。
そしてSCノットで抜けたことは今までにないです。ラインにもよるけど根掛かりしたルアーのフックを折ってまで回収出来たこともあります。(偶然フックの一箇所だけに掛かってたとは思いますがね。)
あと細いラインでも太いラインでも安定して組めるのもポイントかな。
ラインに合わせて組み方を変えないことは、いつも同じノットを使うから編み込みのスキルを高めていくことにつながると思う。

IMG_71412

面倒だけどここがちゃんとしたいけど、ノットを組むときは自分にはいつも気合入れる時間でもある。




にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
↑ワンクリックしてくれたら
もう一個ルアーを作れそうです!
あ、めんどくさがらずにコーティングももう一回出来そうです!

釣り,フィッシング,ルアー,シーバス,ハンドメイドルアー,初心者,自作,作り方,楽しい,エアブラシ,コンプレッサー,使い方,エアテックス,タミヤ,クレオス

ここは外房の某河川。
家から近くもないけどウェーディングしやすいので最近よく来る川。

潮回りも良くない状況で夜は本当に動かない。
なので、夕まずめを狙っての出撃。

夕暮れは癒やされるようなピンク色に。
IMG_7119




水質は決してキレイではなく、どちらかと言えばマッディー。
水深30cm位だと思うが、底が見えない感じだ。
ゴミの量は減ってきた感じ。
IMG_7128

最近通いつめて歩いてるのである程度地形がわかってる。
真ん中くらいを境に航路として深くなる部分と、ほぼフラットに浅い部分に別れる。
エントリーはその浅い方だけど、それでも地形は緩やかに起伏があるのだ。
このような場所での凹み部分はベイトが流れやすい部分。すなわちシーバスもいそうな場所ってこと。
湾奥の三番瀬ではかなりうろうろしたけども、出てくるのはそういう場所や航路の駆け上がりだ。
うんちくはともかく、今回もやはりそんな場所で出てきたよ。
ん、ん、ん?、、、ご、ん!」と言う、不意のボトムを摺っちゃった感じか、比較的サイズが大きい感じのバイト感。
エラ洗いも「どしゃどしゃ」と重めでサイズが良いことがわかる。

今となっては古いかもしれないけど、UFM ウエダのBORON 9.6ftをきっちり曲げ、15ツインパワーSW 4000XGのドラグをいとも簡単に出す。パワフルな相手を柔をもって制す感じ。
新旧コンビネーションも素敵だが、ウエダのロッドはやっぱり今でも1級だ。

で、実はファイト時間が長くてシーバスの蘇生するための体力が不安にもなったが、無理には寄せずに無事にランディング。

IMG_7126
ヒット後、戻ってサイズを計測。
ま、メジャーをピンとしたら80cmないけど、結構良いファイトだったよ。


ルアーはハンドメイドルアー。
自分で作ってたけど、見た目がコモモと似てるのはしょうがない。
もちろん超リスペクトしてるのは言うまでもありませんが、リップレスで作っていくと大概はこうなっちゃうんだよね。個人的にはセクシーなクビレ感は本物を超えたと思ってる。笑

色は賛否あるし、だれもシーバスに聞いたわけではなくホントのところはわからないだろう。
自分で仮説しているのは周りとの「コントラスト比」。
なので、最大限で言えば白は数値で「0」。黒なら「100」というイメージ。
自分で作るカラーは黒が多いのはそんなところから来るし、実際結果も相当についてきている。
小技は本物のパール粉末とかのエロい色味を反射させるとかはします。
ルアーはそんなマテリアルで表面が全体的にデコボコしたら、実は泳がなくなっちゃう。でも、釣れる。笑
IMG_7130


フックはすべてバーブレスです。
ネットをゴムに変えようがフックにバーブがついてたら、どんだけ酷いことになるか経験をしますよね。
ボロボロのぐちゃぐちゃでリリースしてほんとに生きていけるのだろうか?
自分がしてることを正当化しませんけど、リリースするならやはりバーブレス。
貫通力も上がりゲーム性も上がるけど魚には優しい。バーブレスを本当に推奨します。

ロッド:UFM PLUGGING SPECIAL BORON CPS-962EX-Ti

リール:SHIMANO 15ツインパワーSW 4000XG

ライン:PE 20LB

リーダー:フロロ25LB

ルアー:ハンドメイド




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
↑ワンクリックしてくれたら
釣れなくてももう一時間頑張れそうです!
ええ、バイトがなくてもです・・・

外房,南房,九十九里,釣り,フィッシング,ルアー,シーバス,大漁,爆釣,ハンドメイドルアー,自作,釣り方,作り方,楽しい,リール,魚釣り,ジギング,ヒラメ,サーフ

ハンドメイドルアーのウェイトはいつも固定重心。
これでもキャストをしっかりすれば飛距離は十分に出る。
でも、やっぱり作り手としてやってみたいのが移動重心のルアー。

実はすでに試作したけど、ウェイトと素材の比重の関係で泳がないどころかひっくり返る始末。

ちゃんと作らないとと思ってるわけだけど、手元にあったベアリング球は少しちいさかかったので、今回は大きめの5mmを購入。
なんで5mmかといえば、移動重心の仕組みが6mmで作ってたためです。

370個も入ってるので今のところ一生不自由しない数。笑
IMG_7107

自転車の軸受け(ハブ)の玉押し用らしいのでそれなりに精度はあるのだろう。
ま、今回はそんな精度は求めてないので全然大丈夫。
 IMG_7108


ここで買えるよ~!






にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
↑ワンクリックしてくれたら
もう一個ルアーを作れそうです!
あ、めんどくさがらずにコーティングももう一回出来そうです!

釣り,フィッシング,ルアー,シーバス,ハンドメイドルアー,初心者,自作,作り方,楽しい,エアブラシ,コンプレッサー,使い方,エアテックス,タミヤ,クレオス,ボールベアリング,移動重心ルアー

↑このページのトップヘ